選ぶのではなく選ばれている

こんにちは。ワイヤ-アートアーティスト恭子です。

いつものようにクラフトハートトーカイ船橋店で6月のワークショップを行いました。

このところ毎月来てくださっている生徒さんが今月も来てくださいました。ワクワクしながら石を選んでいます。

先月同様今月もテーマをフリーにしてお好きな石を選んでいただき、それに合った巻き方をお伝えする趣向です。用意した石は少しずつ季節に合った色合いのものに内容を変えてあります。

選ばれたのは25㎜を超えるガーデンクオーツのドロップ。内包物がクオーツを通してはっきりと見える石です。

 

今日は3点留めの手法で作ることにしました。

こちらのワークショップでもう3作品作られているので、だいぶ工具の扱いにも慣れてきていて、スムーズに制作は進みます。

 

石を留めたあとのデザインもご自分でどんどん進めていかれるので、私は仕上げを手伝った程度。とても素敵なペンダントトップになりました。

この生徒さんは此処でソーイング教室も受講していて、今日お召しのカーディガンも教室で作られたものだそう。出来上がったペンダントトップを胸に当て「これに合う服、作らなきゃ」と嬉しそうにお店のスタッフに見せたりされていました。みんな「色が素敵」「似合う、ぴったりですね」と歓声をあげていました。

この石も何気なく購入したものでしたが、この方の元に行くために私を経由したのだと、石が持ち主さんを選んだのだと感じました。

自分が石をどう感じるか、より石が感じてご縁を結ぶことがよくあります。人と同じで「出会い」なんです。それを実感したひと時でした。

 

お読みいただきありがとうございました。湿度の高い毎日ですが、佳き日々でありますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です