ビーチコーミング・秋

こんにちは。ワイヤ-アートアーティスト恭子です。

先日のビーチコーミングが面白かったので、今度は千葉県内で探してみようということになり、鴨川の八岡海岸に行ってみることになりました。

道の駅スタンプラリーを趣味にしている主人が、勝浦から入ってその辺りの道の駅を制覇しながら行こう!ととても積極的。娘も海鮮丼の店を検索していていそいそとお出かけの準備をしています。

ずっと雨が続いていてようやく晴れたこの日、お出かけ日和になりました。

勝浦到着はお昼ちょっと前。海鮮丼の店へまっしぐら。

今日も海鮮でお腹を満たし、いざ勝浦海岸へ。

 

陽射しが強く、夏のよう。平らで歩きやすい浜辺ですが、予想外に何もない。陶器やガラスさえもない。で、すぐに八岡海岸に向かいました。

 

八岡海岸は「ここがそれ?」と思うほど目立たない場所。しかも道路脇の急勾配なけもの道をずっと下った一番下です。私は右足にハンディがあります。手すりもないこの道を、アゲート欲しさに娘につかまりながら一歩ずつ下りて行きました。

台風24号が去った後の荒波が打ち寄せる小さな浜。岩の間からは小さな川が海に向かって流れこんでいます。急に小雨がぱらつき始めてわあわあ言いながらとにかく足元を探します。

雨と波に洗われて石ころなんだか、貝なんだか、とにかくよくわからないものは持ち帰ろう、と拾いました。

ほんの少しの陶器とガラス、軽石らしきものもありました。石ころも表情が面白いものは持ち帰り、洗って乾かし分別しました。

これはアゲート??うーん…けっこうガラス質の石はあります。でもよくわからない…

艶の出そうな石を紙ヤスリでこすってみました。艶が出るとちょっとしたタンブルとして使えそう。手触りが「たぶんこれはアゲート」というものは2つ3つありました。これを材料として何か作ってみようと思います。

今回収穫量が少な目だったからか娘が更に検索して、伊豆にアゲートの拾える海岸があるらしいことがわかりました。今度はそこへ行こう!ということになり、皆でワクワクしています。ちょっとした家族のレジャーに定着しそうです。

 

お読みいただきありがとうございました。そろそろ紅葉のニュースも聞こえて来る季節になりました。皆様にとって佳い季節となりますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です