テーマをフリーに

3月から日曜日にも枠を増やしたワークショップに、早速のお申し込みをいただきました。平日はお仕事をされているので気になっていたけれど申し込みができなかった、という方です。

3月のテーマとしてローズクォーツの作品を予定していましたが、「ローズクォーツ以外の石を使いたい」との要望があり、天然石をお好きな方のようでしたので、ならば、とルース、タンブル、丸玉、ポイントをいくつか並べて、お好きな石を選んでいただき、それに合わせたワークショップを行いました。

選ぶことって楽しいこと。ひとつひとつ出来上がりを想像しながら手に取っていきます。ここから石との親和が始まっています。

選ばれた子は19ミリの水晶丸玉。ゴールドのワイヤーでペンダントトップを作ることにしました。

この方は、ワイヤーワークはあまり経験がないとおっしゃいながら、工具の使い方もすぐに慣れて作業はどんどん進みました。「渦の向きは左右どちらがいいかな?」「正面はどこが綺麗かな?」とみるみるうちに形ができていきました。

最後にシトリンの6ミリ玉をあしらって完成。

「水晶玉は、御守りになりますよ」と言うと、早速写真撮影。大ぶりのアクセサリーがお好みとのことで、嬉しそうに胸に当てたりされていました。

自分で選んだ材料で自分で作ったアクセサリーは、愛着が増します。御守りとしてこれ以上のものはありません。この方のハッピーを願って浄化のホワイトセージもお渡ししました。

次回はシーグラスのアクセサリーを作ってみたい、とのご希望をいただき、デザインの検討などしています。相談しながら作って行くワークショップも楽しい、と感じたひと時でした。

お読みいただきありがとうございました。

皆さんの明日が佳きものでありますように。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です