それ行けビーチコーミング!

こんにちは。ワイヤ-アートアーティスト恭子です。

突然ですが、シーアゲートってご存知でしょうか?
シーグラス、シー陶器と同じく海で拾える、でも人工物ではない天然石、メノウの一種です。
浜の周りの地層が玉髄(カルセドニー)やアゲート(メノウ)を含んでいると、波の侵食作用が長年にわたり地層を砕いて、石ころになって浜に流れ着く……

なぜ今シーアゲートなのか?そもそもの始まりは「小笠原メノウ」。この石にご縁があり、すっかり魅了されたのです。それはそれは個性的で美しい石。

小笠原の海でこれが拾えるそう。でも小笠原は簡単には行けないから、関東でそんな場所ないのかな?と検索したところ、鴨川と葉山の海が引っかかりました。

ちょっと暑いけど天気はよいし、海の周りは海鮮の美味しいお店がきっとあるはず。と夏休み中の主人と娘と急遽葉山へビーチコーミングすることに。

一色海岸に到着が1時過ぎ。地元の海鮮のお店を見つけ、昼のラストオーダーに滑り込みセーフ。

肉厚のお刺身でお腹をいっぱいに満たして、いざ一色海岸へ。

遠くに江ノ島が見えて、海の水は意外に綺麗。でも景色より見るのは下、どんどん満ちて來る潮に気が付かず足を持って行かれそうに。私たちと同じように、足元をずっと見ながら歩いている人が結構居ます。

シーグラス、シー陶器はすぐ見つかるものの、アゲートはなかなか。で、場所を長者ヶ崎に移してまた石探しです。

こちらはあんまり何も落ちていない。シー陶器は結構拾えましたが、アゲートはこれかな、と貝なんだか、陶器なんだかよくわからないものも拾って持ち帰り、洗って乾かして選別。

 

アゲートはなかったけど、シー陶器、シーグラスはよくこなれたいいものがこんなにたくさん。海鮮丼おいしかったし、まあいいか、と陶器、ガラス以外のものを抜いていきました。

面白い小石や貝が出たところで、あれ?もしかしてこれかも……というものが……

この色合い、縞模様は確かにアゲート!あった、よかった!潮と砂にまみれてよくわからなかったけど、こうやってよく見るとアゲートです。行った甲斐あったー

これで何作ろうか?夏の思い出をアクセサリーに出来る歓び。海鮮丼目当てで今度は鴨川だね!と主人と娘はわくわくしております。ちょっとしたレジャーとしてビーチコーミングは楽しいです。海と石が好きな方はぜひ行ってみてください。

 

お読みいただきありがとうございました。陽射しが少し秋めいて来ました。季節の変わり目、ご自愛ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です